代表挨拶

代表より

 

 このサイトをご覧の方は,青少年かリフレッシュに興味のある方かと思います。

 他のページでもご紹介しているとおり,わたしたちは2003918日に江東ボランティアセンターで団体登録が承認され,活動を開始しております。とはいえ,準備段階も含めるともっと長い年月をかけて結成されたわけですが,結成に至る思いは私,代表の思いから始まりました。

 

 “青少年問題”という言葉を聞くと,皆様はどんなことを想像するでしょうか?

 私が考えている青少年の問題というのは,排他的であることです。

 青少年に関する様々な事件,又は状態を指して問題だと指摘します。しかし,当事者に何かの傾向が現れているということは,その環境と経過に問題があったわけです。ところが,精神的な背景を追及する公共の研究は少なく,問題の結果である当事者に責任を求め,改善を要求することが通例となっています。しかし,これはおかしなことです。問題を本当に解決するならば,原因を徹底的に追究し,あらゆる可能性を探り,広範囲に目を向けるべきです。また,それぞれの青少年問題を証明する研究は進んでいますが,解決する研究は少ないように思います。

 こうしたことから,長年の市民活動歴の中で出会った様々な取り組みのうち,意識変革が顕著であった環境分野に目を向け,現在は発展途上にある活動を取り入れることに決めました。そして,活動の種類に多くを求めず,一人でも出来ることを出来る時に出来るだけという,千葉県で活動する人達の意識から学び,実践することにしました。

 取り組みから見える効果は遠い先にあるでしょうが,可能性が見えたという感性を信じ,進めていくこととします。

 以上のようなことを達成するため,代表をはじめ会員一同は頑張っていきます。ぜひ多くの方に賛同を得て,応援を頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

201211日 代表:茂木昌克